So-net無料ブログ作成

令和二年三月二十五日 幻の2020東京五輪 [中日春秋]


20032501.jpg

おなかが張って仕方ない。
いわゆる膨満感ってやつでしょうか。
子供の頃から”屁こき”でしたが、そんな自分でもビックリするほどおならとゲップが出るんです。
家族からは「もっと良いもん出して」と、しかめっ面されてます。
考えられる原因としては、常用薬かな。
調べてみると二種類とも腸に働きかけている薬で、副作用に腹部膨満感と放屁増加がありました。
これは先生に相談してみよう。
あと早食いなので、呑気症もあるのかな。

一九六四年の東京五輪の開会式前日まで、東京の空はしばらく荒れ模様だった。一転して、「世界中の青空を全部東京に持ってきてしまったような」と形容されることになる好天が現れる。感じ入るところが大きかったようだ。式を見た三島由紀夫はまごころを意味する赤心という言葉も使い新聞への寄稿に熱のこもった一文を記した

▼<ついに赤心は天をも動かし…これでようやく日本人の胸のうちから…長年鬱積(うっせき)していた観念が、みごとに解放された>(『東洋と西洋を結ぶ火』)

▼日本は東京での一九四〇年の大会を戦争で返上している。戦後は参加すらかなわない時期があった。三島も見た晴れた空に、日本を長く覆った暗雲が去ったのを思った人もいただろう

▼今夏開催予定の東京五輪は延期されることになった。新型コロナウイルスの世界的感染拡大という、少し前にもだれも予想しなかった想定外の暗雲による延期である。戦争ではないけれど、大国の首脳たちは現況を戦時になぞらえている。やっかいな暗雲だ

▼一年程度の延期で安倍首相と国際オリンピック委員会のバッハ会長が合意したという。中止は回避のようだが、感染の終息がいつになるか、経済はどうなるか。重要な点にも不透明さが残る中で、難題が尽きない

▼この暗雲も厚い。解放を実感する日を目指すには、知恵と力を集めなければならないだろう。
中日新聞:中日春秋(朝刊コラム)


もうすでに「幻の2020年五輪」…。
ロゴなどが入った五輪関連グッズに特需とか。
名称は変わらないと東京都知事は言ってますので、この特需も萎んでしまうのか。
だって、これからも「2020東京五輪」としてグッズは販売されるんでしょ?

20032502.jpg

スポンサーリンク


nice!(26)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 26

コメント 6

リュカ

はい!グッズ買いました!^^
ちゃんと自分で使うモノをね ♪
名称変わらないから、TOKYO2020グッズ、無駄にならずに済みますね。
by リュカ (2020-03-26 09:11) 

みうさぎ

薬の副作用は厄介ですわっ必ず薬にはあるから
パンとか麺類食べると
放屁増加(笑)
口が乾く副作用でもう要らない!宣言して
しまいました。(´艸`*)
五輪関連グッズ 2020記念にはなるのですかねっ開催は2021になるのに
後世に残るオリンピックになりそう
来年出来るのかぁ疑問だけど
(*_*;

by みうさぎ (2020-03-26 16:17) 

tsun

リュカさん
名前変わったとしても、無駄にはならないですよ。
特需がありますから。
by tsun (2020-03-26 18:03) 

tsun

みうさぎさん
本当は私もクスリ止めたいんですが、止めたらどうなるかも分からないし。多分、クスリで現状維持できていると思います。
開催出来たら、初めての延期オリンピックですね。
by tsun (2020-03-26 18:07) 

nikki

幻のオリンピックといえば
1988年の名古屋オリンピック。
開催できてたらどうなってたかな。
by nikki (2020-03-26 22:56) 

tsun

nikkiさん
そんなこともありましたね。
負の遺産がいっぱいで、困ったことになっているかも。
by tsun (2020-03-27 11:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © チンチコチンでトキントキン、時々ダランダラン All Rights Reserved.