SSブログ
前の5件 | -

養老サイクリング [ROAD]

210504.jpg

一日くらい走らないと…。
頑張って104キロほど。
日焼けしそうだったので、顔にはたっぷりと日焼け止め。

21050402.jpg

しかし、こんなところが…、盲点でした。


nice!(71) 
共通テーマ:日記・雑感

行き倒れ [その他]

21022101.jpg

昨日は昨年九月に購入した自動車の洗車をしました。
ぞんざいな扱いの17年乗った前車の洗車とは違い、細心の注意を払い洗車作業を完了させました。
ワックス掛けも終わり、さあ家でゆっくりしよう。
そんな時、何気なく上の画像の場所(室外機と壁の間)を見るとなにかゴミのようなものがありました。

しかし、よく見ると猫ちゃんではないですか!
それも大きな猫ちゃん。
しかも、死んでいます。
苦労して猫ちゃんを引きずり出すと、顔から若干の出血が見られました。
まるまると太った体からも、寒さとか栄養不足で死んだとは思えません。
クルマなどと接触し、この場所に逃げ込んで絶命したと思われます。

21022102.jpg

我が家の敷地内で死んでしまったのも何かの縁。
本日、朝イチで動物の火葬の受け付けてくれる八事斎場まで持って行きました。

名古屋市の場合、敷地内の動物の死骸は…
動物の死体を見つけた時
路上や空き地で、犬・猫などの動物の死体を見つけた時は、月曜日から金曜日は各区の環境事業所に、土曜日はへい獣(動物の死体)受付センターにご連絡ください。

※自宅の庭など、私有地の敷地内に立ち入っての回収はしておりません。敷地外でお引渡しいただきますよう、ご協力をお願いいたします。

月曜日から金曜日(年末年始を除く)
連絡先:各区の環境事業所

受付時間:午前8時から午後4時45分まで

土曜日(年末年始を除く)
連絡先:へい獣(動物の死体)受付センター

電話番号:052-238-1190

受付時間:午前9時から午後2時まで

ペットなど火葬する場合は八事斎場で
死亡動物の火葬をされる方へ
死亡動物の火葬は、他の動物とまとめて行いますので、立会いやお骨を拾うことはできませんのであらかじめご承知おきください。
また、環境保護、黒煙発生防止等のため、以下のことにご協力をお願いします。

受付時間 午前8時45分から午後5時00分まで(1月1日を除く毎日)
予約は不要です。管理事務所受付へ直接お越し下さい。
動物は、ダンボールなど必ず紙製の箱に入れ、底が抜けないようにひもを十字(又は二の字)にかけてお越しください。
(プラスチック容器や木製の箱は使用しないでください。)
箱の中には、死亡動物のほか、少量の生花・乾いたエサ以外は入れないでください。
箱の大きさは、奥行100cm×幅70cm×高さ65cm以内にしてください。また、箱を含めた重さが50kg以上の動物の受入はできません。八事斎場以外の火葬場をお探しいただくか、各区の環境事業所へお問い合わせください。
箱に入れた死亡動物を受付までお持ちください。箱の中身を確認させていただく場合がございます。

死亡動物焼却料
種別(箱を含めた重さ)
15kg以上50kg未満 4,400円
5kg以上15kg未満 2,200円
5kg未満 1,100円

名古屋市


タグ:ねこ
nice!(69) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりのロードバイク [ROAD]

210214.jpg

春のような陽気に誘われて、ロードバイクで70Kmほど。
先週はミニベロで40Kmほど走りましたが、今日、乗り出した瞬間の気持ちよさはその比ではありませんでした。
しかし、50Km過ぎからのグタグタ感はいつもの通り。


nice!(51) 
共通テーマ:日記・雑感

お勤め [日常]

20123001.jpg

初めての体験、神社幕を取り付けました。
幕を取り付けた後に幕房を付けますが、取り付け方法がよく分からない面々…。

20123003.jpg
幕房(ふさ)

氏子総代代表に聞いて納得、そうそうコレですね。
神社などで見ているんですが、いざ取り付けようとすると?でした。

20123002.jpg

午後になり、風が非常に強くなってきました。
幕や提灯などの飾り付けが飛ばされていないか気掛かりです。


タグ:神社
nice!(62) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「鬼滅の刃」、迷ったけど観てきました [映画]

201224.jpg

映画『劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」』を昨日観てきました。
予約時に最後の「確認」ボタンを押すのに、数秒迷いましたが…。
平日のお昼で、観客は2割程度。
少ないというよりは、がんばっていると考えた方が良さそうです。
終業式の日、子供連れのお母さんが多かったように思います。

終盤、私の右前にいた40代と思えるおじさんがそっと涙を拭いているのを見て、「おれは泣かなかったぞ」と勝ち誇った気分でした。
しかし、こんな50半ばのおじさんが一人で観に来ているというのは、どうも恥ずかしものありました。

タグ:映画
nice!(46) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -
Copyright © チンチコチンでトキントキン、時々ダランダラン All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。